居酒屋歴史トーク大好き親父のブログ

大河ドラマ・歴史・国内のホットな話題ーまで、おもに居酒屋トークに役立つ情報をお伝えします。 

*

ゲス極女!ベッキー芸能界追放か!?デヴィ夫人援護も・・

   

お騒がせ不倫タレントのベッキー騒動が鳴りやまない!

「♪両成敗がぁ、とまらない~」

もうゲス極は聞き飽きてきた!親父です。

 

ついにというか、当然ながらベッキーの一部CMの打ち切りが発表されました。

タレントは「商品」ですから、イメージが大事です。

ブランディングが崩壊しつつあるベッキーから今後も企業離れが相次ぐでしょう。

初のスキャンダルで芸能界追放もありえる今回の騒動ですが、

ここにきてベッキー擁護派の寝返りと、あらたなる助太刀「助ベッキー」の登場に親父は唖然としています!

 

スポンサーリンク

寝返りは宮根誠司。援軍はデヴィ夫人。

ワイドショーでベッキーの責任を問うコメントをした宮根さん。本心では擁護したいんでしょうけど、ベッキーに反省の気持ちがない。あるいは純愛に盛り上がっている状態だとしたらもはや救いようはないと判断されたのかもしれませんね。

不倫では先輩の宮根誠司でも今回ばかりはお手上げなのでしょう。

 

一方、勇ましくベッキー擁護に名乗りを挙げたのは豪傑デヴィ夫人。

デヴィ夫人曰く、

『私は有頂天の2人を応援します。愛ほど美しいものはない。愛ほど強いものはない』と、ベッキーと川谷側を応援。『もし、A子さん(川谷絵音の妻)が嫉妬心に駆られて復讐の為に起こしたことなら、もう十分なのでは? もしA子さんがタレこんだのなら謝るべきはあなたの方では? ベッキーさんの受けた 精神的、経済的、物理的、肉体的なダメージは絶大です』

※ブログより引用

devi

とのことだ。さすが、インドネシア大統領の複数いた妻の一人。この国のモラルハザードを起こしかねない発言だ!

この国は男の不倫にはやや寛容なところがあるが、女の不倫には容赦ないところがあると思う。

件のLINE流出も川谷の妻が出所とも一部報道でささやかれている。川谷妻の用意周到さを感じる。

 

川谷妻の攻撃だとしたら、ベッキーはこのまま撃沈されて「業界追放」になることは必至。彼女を起用していた企業が黙っていませんからね。

まさにゲス極の新曲「両成敗」にならってタイトルどおり両成敗されてしまうのか・・・。

 

今日はこの辺で。
にほんブロ グ村 芸能ブログへ


スポンサーリンク

  関連記事

imgres
宮崎謙介議員の不倫許すまじ!金子恵美議員知らなかった?

この国の不倫騒動が止まらない・・w 国会議員の育児休暇を訴えていた自民党議員・宮 …

ijoshi
飯島三智SMAPマネージャーが芸能界大戦争を引き起こす!

SMAP解散騒動の火付け人である飯島三智氏から目が離せない親父です。こんばんは。 …

きよ
打ちまくった番長!?清原和博逮捕ショック報道

なんと、球界の番長と呼ばれた清原が逮捕された!! 正直ショックです・・・。 球界 …

kimutaku
SMAP解散w飯島マネージャー抹殺指令にキムタクどうする?

こんにちは、親父です。 着地点が見えそうで見えない、SMAP解散騒動。 事の発端 …

一本
SMAP解散w経済にも影響が!日本はどうなるんだ!?

突然のSMAP解散報道が今朝もたらされました! 日刊スポーツの報道によると決定的 …

徳川家康-276x300
徳川家康が武田信玄をリスペクトする理由

こんにちは親父です。 今日は徳川家康が武田信玄を尊敬していたという 一部で誤解さ …

乙武洋匡
ゲスの極み乙武!?五体不満足で五人切りしていた件、妻号泣

あの五体不満足で教育者でもある、乙武洋匡氏の不倫騒動が・・・ 今度は新潮がすっぱ …

hurin
ゲス極・ベッキー・宮崎謙介からみる国内浮気不倫事情とは!

ゲス極・ベッキーの不倫騒動、国会議員・宮崎謙介の京都破廉恥不倫騒動と 騒がしい2 …

url
宮崎謙介、辞職か!?二階俊博総務会長も激昂!会派の恥

自称・育メン議員、宮崎謙介議員への同情の声がきこえない・・・。 親父は呆れていま …

まずいBCAA
超マズ!?ココナッツ(ピニャコラーダ)味のBCAAを飲んでみた。

最近、筋トレにハマってる親父です。 トレーニング中に飲むのはポカリスエット? 確 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>